女性のための美容&健康法

目の疲労と肩こりの関係

デスクワークをしているとき、机に向かって作業をしているとき目の疲労と肩こりが同時にやってきて苦労した経験のある方も多いのではないでしょうか?これは目の疲労と肩こりが関連しているためにおこります。また、こうした目の疲労と肩こりを感じるときは緊張型頭痛も誘発されやすい状況でもありますので、目の疲労と肩こりだけでなく頭痛も感じてしまい、動くことが出来ないこともあります。

 

パソコンの画面を長時間凝視するなどして、目を酷使していると目に不快感を覚えるようになります。そうすると不快感から肩の筋肉がこわばり、肩こりを誘発してしまうのです。逆に猫背などの悪い姿勢によって筋肉に余分な負荷がかかって肩こりが起こってしまうような状況下では、すわり仕事による運動不足や血行の不良、精神的ストレスなどによって自律神経系が乱れ、目の疲れが引き起こされることもあります。

 

この関連深い目の疲労と肩こりの発生を予防するには、目を強く閉じ、パっと開く。これを5回ほど繰り返すだけでも多少効果があります。また、背スジを伸ばした状態で目を閉じゆっくり下を向くことでも目の疲労と肩こりの改善が期待できます。